今年も春がきました。石神井川の桜が急速に咲いてきていますね。そして春の先には夏が来ます。

暑くなると急激に多くなるのがとびひと水いぼ、虫刺され、あせもです。とびひは「伝染性膿痂疹」という病気のことで、主に子供の病気です。黄色ブドウ球菌またはA群β溶血性連鎖球菌(溶連菌)という菌がだす毒素によって皮膚にみずぶくれやかさぶたができます。かゆいので掻いてしまいますが、菌が爪に入り込んだ手で他の場所を掻くと火事の飛び火のように他の場所にもとんでいって同じような発疹をつくるので「とびひ」と言われます。大人にはあまり伝染しませんが、兄弟やお友達にはうつることがあります。治療としては皮膚を清潔にすることが最も大切で手洗い(ここでもです!)、入浴やシャワー、抗生物質の内服、抗生物質の外用、患部の保護です。この夏はマルホ株式会社さんからゼビアックス油性クリームが発売予定です。強い抗菌作用があり、とびひの治療に期待されます。お父さん、お母さんに朗報ですね。

サマンサクリニック