男性の薄毛の原因はジヒドロテストロンという物質です。テストステロンから5α還元酵素によってジフドロテストステロンに変換され、これが胸毛を生やしたり、髭を生やしたりするわけですが、頭皮では逆に薄毛にさせてしまうのです。この5α還元酵素を阻害する薬がデュタステリドです。デュタステリドはグラクソ・スミスクライン株式会社(GSK)が開発し、ザガーロという商品名で2016年6月13日に発売されました。

今回、この「ザガーロ」にジェネリック薬品が発売となりました。サマンサクリニック でもすでに入荷しております。

お値段はザガーロ10,000円(税抜)、ジェネリックの「デュタステリドカプセル0.5mgZA」8,000円(税抜)となっています。また、GSKの海外流通品「アボダート」は7,200円(税抜)(お値下げしました)です。

男性ホルモンに関係する薬のため、副作用として男性機能低下などがあります。具体的には勃起不全4.3%・性欲減退3.9%・精液量減少1.3%といずれもまれではあります。

女性の薄毛には適応がありません。また、小児や肝障害の方もNGです。服用中と服用中止後半年間は献血を控える必要があります。

AGAでお悩みの方はご相談ください。

サマンサクリニック