本格的に暑くなってきましたね。高温多湿の日本では水虫の患者さんは多いです。一昔前はお父さんの病気というイメージでしたが、女性の社会生活は大きく変化し、ブーツを履いたり靴を長時間履く生活となって女性患者さんも多くなったと言われています。

夏に足の皮が剥けたり痒かったりといった症状から自己判断で中途半端に水虫の薬を塗っている方が多いと言われていますが、そもそも水虫ではない方もいらっしゃいます。汗疱と汗疱型足白癬は見た目がほとんど同じことがあり、区別は顕微鏡で白癬菌の菌糸を確認します。また掌蹠嚢胞症や掌蹠角化症といった水虫と見た目が似ている病気もあります。

水虫が長くあると爪に菌が入ってしまって爪がぼろぼろになったり、爪が厚くなって食い込みやすくなって歩きにくくなることもあります。また、加齢や長年の靴の刺激でも爪が硬く厚くなることもあります。

爪水虫であれば飲み薬が基本ですが、爪に浸透しやすいよう改良された塗り薬もあります。また、従来は半年以上内服しなければならなかったものですが、今は3ヶ月間内服するだけで1年間効いてくれる薬もあります。

もしかして!と思われたら皮膚科を受診しましょう。そして症状がよくなっても「終了です。」と言われるまで治療は継続しましょう。大切なひとに感染させないように、治療はきちんと受けましょう。

サマンサクリニック