お悩み別Q&A | 練馬高野台、富士見台の美容皮膚科

0369131670

西武池袋線「練馬高野台駅」徒歩3分、「富士見台駅」徒歩13分

診療時間

【月・火・水・金】
10:00~13:00 / 15:00~18:00(火曜は自由診療のみ)
【土】
10:00~13:00 / 13:00~17:00 (午後は自由診療のみ)

お悩み別Q&A

Q.アトピー性皮膚炎の治療について教えてください。

その他

A.

アトピー性皮膚炎は、症状や経過などについて詳しく問診し、血液検査も組み合わせながら診療を行います。
これまではダニや埃、食物など、その患者さんにとって抗原(アレルゲン)は何かということが重視されてきました。
しかし原因はそれだけではなく、バリア機能の低下した皮膚自体にもあります。
なかなかすぐには治りませんが、生活習慣の見直しや環境整備を心がけていただくとともに、保湿剤を中心としたスキンケアとステロイド外用を根気よく続けて改善していきます。

Q.保湿剤の上手な塗り方について教えてください。

肌荒れ

A.

保湿剤は、皮膚が水分を吸収している入浴後すぐに塗るのが一番効果的です。出来れば入浴後5分以内に塗るようにしましょう。
指や手のひらを使ってやさしく丁寧に、出来るだけ広い範囲に塗ります。ワセリンなどの保湿軟膏は皮膚表面に膜をつくり、水分の蒸発を防ぎます。ゴシゴシ擦る必要はありません。あくまでもやさしくお肌をいたわるように塗りましょう。
寒い時期は軟膏が硬くなるので、手のひらで温めてやわらかくしてから塗りましょう。

Q.ステロイドは副作用が心配なのですが。

その他

A.

長期間にわたり不適切な使い方をした際の副作用がマスコミにクローズアップされたことがあり、それ以来、怖い薬と考えられがちなようです。
しかしステロイドは、副腎皮質ホルモンという人の体に存在するホルモンに似せて人工的に作られたた薬剤で、昔からその安全性が確認されています。
ただし、飲み薬や点滴で長期間にわたり大量に投与すると、胃に負担がかかったり、骨がもろくなるなどの副作用が現れることがあります。
また、皮膚の症状に見合わない強さの外用剤を使ったり、赤ら顔になりやすい体質の方が顔に長期間塗ったりすると、肌トラブルを起こすことがあります。
必ず医師の診察を受け、その指示に従ってご使用ください。

Q.ニキビは若い人の皮膚疾患ですか?

ニキビ

A.

ニキビは若い人だけの疾患ではありません。毛穴につまった分泌物に細菌やダニが関与して発症しますので、年齢を問わず発症します。
ニキビはストレスと関係しており、仕事に追われているときや試験前などに急に悪化することがあります。
この他、単純にストレスが悪化原因と言えないこともあり、内科や婦人科領域の疾患とも密接に関わっていることもあるので、しっかりと診察することが大切になってきます。

Q.チョコレートはニキビを悪化させますか?

ニキビ

A.

チョコレートの主成分であるカカオは、ニキビの症状に影響しないという報告があります。
これまでのところ、ニキビの悪化と食べ物について医学的に検証されたデータはありません。
ただしチョコレートに限らず、ある特定のものを食べた後で明らかにニキビが悪化したと思われるような場合には、その食品は少し控えておいたほうがよいでしょう。

ページトップへ戻る